So-net無料ブログ作成

「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん(時事通信)

 「小さな花でもいい、もう一花咲かせたい」。旭日双光章に決まった将棋の内藤国雄九段(70)は、現役生活50年を超え、5年前から日本将棋連盟関西本部長の重責を担う。
 タイトル獲得4期(棋聖2期、王位2期)、通算1112勝905敗。「1000敗してから引退、と言ってくれる人もいるが、あと九十何回も負けないといけない。負けは体に悪いですよ」。引退を意識しないわけではないが、その時期は、「これぞ全盛期の内藤、という将棋が指せたら」と勝負師の顔を見せる。
 関西では久保利明棋王・王将に加え、里見香奈女流名人・倉敷藤花が活躍している。「女性の棋力が上がった。まだ男性と対等ではないが、『女流』が付かなくなるような時代が来れば、将棋界も大丈夫でしょう」と、女性棋士の将来に期待を寄せる。 

山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
みんなの党、パラリンピック3大会金メダルの全盲スイマーに出馬打診(スポーツ報知)
ぞうきん無断で燃やした女逮捕 尼崎、周辺で数十件発生(産経新聞)
<お別れの会>細川益男さん=5月20日、大阪市内のホテル(毎日新聞)
栃木県でクマはぎの被害拡大 塩那森林管理所が調査(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。